Gallery Dept.

衣料品ブランドGallery Dept. は、アーティスト兼デザイナーのジョズエ・トーマスによって2017年に初めて発案されました。ブランド設立の数年前、ジョズエは自分の背中から手縫いのデニムポンチョをジョニー・デップのスタイリストに売りました。Josueは、生涯を通じて服が好きで、創造性、ストリートウェアの文化、そしてヴィンテージファッションへの情熱に触発されました。ファッションレーベルGallery Dept. は、革新性と創造性によって衣服を新しいものに再利用することに努め、その目標は、品質や芸術的な完全性を犠牲にすることなく魅力的な製品を作り出すことである。衣服を全く別のものにアップサイクルしながら、このハイブリッドな衣料品レーベルは、ストリートウェアレーベルとヴィンテージショップの間で重なり合う。レブロン・ジェームズ、ケンドリック・ラマー、ミーゴス、ケンダル・ジェンナーなどが着用し、ストリートウェア文化の中心的存在としてカルト的な人気を誇っています。コラボレーション、創造、反抗を哲学とし、ハイエンドファッションレーベルLanvin やヒップホップトリオのミーゴスとコラボレーションしている。